親の顔が見てみたい

更新日:

おはようございます☆彡

お母さんのための
「トライアングル健康向上委員会」
山本あすかです

いつも主婦のキモチを読んでくれて
ありがとうございます♪

「親の顔が見てみたい」

そんな言葉は誰でも聞きたくないですよね

子どもが大きくなってから、
外で恥ずかしい行動をしてしまわないように

小さいうちから必要なマナーだけは
覚えさせておきたいですね。

常識、マナー、作法などは
普段からしっかりさせておかなければ
身につかないものなので、

しっかり覚えさせておきましょうね。

厳しくしつけをするのは、親としても
心苦しいかもしれませんが、

大きくなってきた時に、
恥ずかしい思いを子どもにさせてしまうことになります。

そうならないためにも必要な躾はしておきたいですね。

では、どんなことに気をつけたら良いのか、
見ていきましょう。

①やりっぱなし

脱いだ服は脱ぎっぱなし、綺麗にたたむ事も
学校に行くようになったら体育服に着替えたり、
修学旅行などもあります。

友達の家にお泊りなどもあるかもしれません。

洗面所で髪の毛をといて
落ちた髪の毛を拾わずそのままに。

トイレットペーパーがなくなっても補充しない。

開けた扉を閉めないままいなくなるなど
気を付けないといけないことがあります。

②鉛筆やお箸の持ち方

これは持ちはじめの頃にクセがついてしまうと
直すのはとても苦労しますので、

まだ子どもが小さい人は今のうちです。

最初からしっかり正しい持ち方を
教えてあげるのがベストですね^^

③食事

  • 探り箸----器の中のものを探る
  • 刺し箸----お箸で刺して持ってくる
  • 迷い箸----お箸を器の上をウロウロさせる
  • 寄せ箸----お箸で器を自分の方に寄せる
  • ねぶり箸--お箸についたものをなめる
  • 箸わたし--お箸とお箸で食べ物を渡そうとする

など、お箸についてはイロイロありますが、
これは本当にしっかり躾をしないと
いけないと思っています。

④時間

保育園などにも「朝子どもが~」と
ママが遅刻していると、

子どもにもルーズな感覚が
身についてしまいますので、

小さいうちから親が時間に余裕を
持って家を出るなどの習慣が大切です。

大人同士でも毎回5分くらい遅れて
くる常習の方などいますよね。

会社などでも同じことをしていたらどうでしょう。

提出期限なども同じことと言えます。

学校から持って帰るプリントなども
親が記入するものの提出なども

持って帰ってきた日すぐに親が記入して
持たせるなどの配慮が必要ですね。

⑤挨拶

  • 朝のはじめは「おはよう」
  • 出かけるときは「行ってきます」
  • 帰宅したら「ただいま」
  • 食事の前後は
    「いただきます。ごちそうさま」

日常的に声に出していないと
「しなきゃ」と思っても
なかなか声にならないと思います。

人とのコミュニケーションには
挨拶がとても重要なので、

日常的に家族間でも
挨拶するようにしたいものですね。

⑥その他

  • 他人の家に上がるときに靴を揃える
  • 頂き物は両手で受け取る
  • 口をあけて音を立てて噛む
  • 食事中にトイレに行く など

細かいことはいくらでもありますが、
今回あげたものは基本的な、

どうしてもこれだけは
と、思うものだけ取り上げてみました。

いざという時に人に不快感を与えると
思われるものをあげたので
参考にしてください。

子どもは躾をしなければ
無作法なまま大きくなってしまいます。

また「どういう育ち方してきたの」と
大きくなって言われてしまうかもしれません。

子どもが大人になって
恥ずかしい思いをしてからでは遅いので、

今のうちから多少厳しくしてでも
しっかり教えることが、
将来子どものために必ずなります。

毎日を。未来を。
笑顔を満開にするため

あなたと家族が幸せになる方法を詰め込んだ
メルマガを発信しています。

クリックして登録してくださいね♪

時々プレゼントもご用意しています。

登録はもちろん無料です

-
-, , , ,

Copyright© 主婦のキモチ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。