http://www.aska-yamamoto.com

こころ 子育て

早く気付いて☆ママのマイナス思考は子どもに影響

更新日:

おはようございます☆彡

キラキラ笑顔を応援する
「トライアングル健康向上委員会」
山本あすかです。

いつも主婦のキモチを読んでくれて
ありがとうございます♪

プラス思考で生きた方が
「良いことが起きそう」
「楽しそう」
「幸せそう」な気がします。

avatar

あすか

気がするだけ?

いやいや。実際に
その人の持つ思考スタイルは、幸福度に
ダイレクトに影響してるって分かってることだよ

avatar

パパさん

分かっているのに、なかなかできない

マイナス思考の一番の被害者は、自分自身。

他のだれよりも、本人が1番苦しいんですよね。

 

子供に影響

子供の思考スタイルは、ママのそれと似る
傾向があることが分かっています。

ママと子供は1番長い時間
一緒に過ごしますからね。

良くも悪くも影響を受けるのです。

なぜこのようなことが起こるかというと、
ママの話し言葉の中に、

その人特有の考え方や思いまでもが
込められているからです。

例えば
灯油20ℓ買ったとしますね。

マンションに住んでいて、
灯油は7Fの家まで運ばなければいけません。

この時

「ホント重いのに毎回大変だわ」と
愚痴を言いながら持っていくか

「よし!良い運動になるから頑張ろう」と
言って運ぶか

この差で隣にいる子どもが
受ける印象が変わってきます。

avatar

あすか

あ~毎日繰り返されたら
子どもに影響するよね

そだろw
人格が形成される前からずっと
母親の言動&行動見続けるんだからね

avatar

パパさん

どうしてすぐに切り替えられないの?

できることなら、こんなマイナス思考
ポイポイっとしてしまいたい

そう思ってるのにどうして捨てられないの

それは愛着や習慣がありますからね
すぐにポイっと手軽に捨てることが難しいのです。

人間の思考スタイルは、
小学生の時に確立されてますから

30代のママなら20年間以上
40代のママなら30年間以上

ずっと使ってきたものですよね

慣れすぎて手軽にこの思考を
引っ張り出してしまうんですね。

じゃぁ、思考は修正できないの?!

いえいえ
そんなことはありません。

自分で「プラス思考にしよう♪」と
心がけることで変わっていけます。

現在は心理学の研究もどんどん進んで
数多くの方法が出ていますよね。

でも毎日忙しいママに
「この本いいですよ」と言っても

読む時間作るのも大変

文字がいっぱいの本は読むのも
気合がないと読めなかったりします。

お母さんの味方なので、先に読んで
いい所だけ抜粋してあげよう
ってことで簡単に取り組めそうなものを紹介します(笑)

 

ポジティブな習慣

1. 悪いことを広げない習慣

心理学で解説:プラス思考とマイナス思考の決定的な違いは、
悪いことが起きた時の対処法にあります。

1つ嫌なことがあると、
「まただ」「どうせ次もダメだ」と
過去も未来もひっくるめて否定してしまう、

これがマイナス思考的な処理の仕方。

プラス思考の人は、同じ状況でも、
「今回は失敗した」「ここがダメだった」と
そのことだけに着目し、
それを次に繰り返さないためにすぐに行動に移ります。

過去も未来も悲観視し、
動く余力もなくなっているマイナス思考とは
行動力の面でも差が出るのですね。

今日できるポイント
嫌なこと、悪いことがあったとき、
禁句にしていきたいのは

「このあいだも~~だった」

「前回も~~だった」

「毎回毎回~~ばかり」

のような過去を悔やむ言葉と、

「この調子だと~~だ」

「また次も~~にちがいない」

「どうせやったって~~だ」

のような未来を悲観する言葉です。

そのかわりに、
「今」
「ここ」と目の前のことに視線が行く言葉を
積極的に使うようにしてみてください。

自然に問題解決に気持ちが向くようになります。

avatar

あすか

今回はうまくいかなかったケド
失敗にはナニカ理由があったはず

私なんか、どうせ何やったってーて
投げやりになるのは今日限り^^b

avatar

パパさん

2.良いところに目を向ける習慣

心理学で解説:プラス思考とマイナス思考では、
日頃の視線の方向も違います。


10回挑戦したうち、5回成功し、
5回失敗したという五分五分の状況。

プラス思考の人は「成功した5回」を称え、そこから、
次回、”6:4”に前進するためのヒントを導き出します。

一方、マイナス思考では、
「失敗した5回」の原因や責任追及に追われ、
気持ちがどんどん沈んでいってしまいます。

育児でも同じことが起こります。

良いところに着目して育ててもらった子は、ほめベースで成長し、
悪いところに着目して育てられた子は、叱られながら育ちます。

これではその子の人格に差が出るのは明らかです。

今日できるポイント

靴下が上手に履ける日もあれば、そうでない日もある。

お友達と仲良く遊べる日もあれば、そうでない日もある。

そんなときは、
「できなかったこと」より「できたこと」

「うまくいかなかった日」よりも「うまくいった日」

に重きを置くようにしてみてください。

 

その子の「できていないところ」を、
強く非難したり、叱ったりするより、

「できているところ」をしっかりとほめていくことで
子供の自己効力感が高まり、
ちゃんとできる日が増えていきます。

「この子のいいところはどこかな?」という視線で
お子さんを見てあげましょう。

avatar

あすか

褒められた記憶はなかったから
我が子には、同じ気持ちにさせたくないって
親と逆のことを考えて接したわ

育てられたように育てがち
だからこそ、気付いて修正していかないとね

avatar

パパさん

avatar

あすか

うん。誰でも最初は
自分が育ったようにしか育てられないもんね

何にしても長い間に根付いた習慣は
1秒ですぐ改善!!なんて都合の良いことは起こりません。

コツコツと頑張ってくださいね

人間は成長してこそ人間です。

子どもも毎日成長しています。

置いていかれないように
日々前進を心がけて生きていきたいですね。

どうしてもうまくいかない
悩んでて相談できる相手がいないんだけど
というママさんのお話は私がいつでもお聞きします。

お気軽に相談してくださいね^^

笑顔を満開にするため

あなたが幸せになる方法を詰め込んだ
メルマガを発信しています。

クリックして登録してくださいね♪

時々プレゼントもご用意しています。

登録はもちろん無料です

-こころ, 子育て
-, , , , ,

Copyright© 主婦のキモチ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。